忍者ブログ
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
[06/07 秋月]
[06/05 chie]
[03/20 秋月]
[03/19 七緒]
[03/19 秋月]
プロフィール
HN:
秋月
年齢:
32
HP:
性別:
女性
誕生日:
1984/09/27
職業:
介護士
自己紹介:
日々のらりくらり生きてます。
介護士をさせていただいてますが、
正直"介護士(仮)"くらいかも。

詳しくはこちら参照で。
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
日常の切端やぼやき。独り言。そんな徒然。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

溜め息の訳を聞いてみても 自分のじゃないから解らない
だからせめて知りたがる 解らないくせに聞きたがる

あいつの痛みはあいつのもの 分けて貰う手段が解らない
だけど 力になりたがる こいつの痛みも こいつのもの

ふたりがひとつだったなら 同じ鞄を背負えただろう
ふたりがひとつだったなら 別れの日など来ないだろう



今日の引用は、BUMP OF CHICKENの「真っ赤な空を見ただろうか」から。
酷く痛いようで、優しいような歌詞。
全部見て欲しいので、リンクをはっておきますね。
http://www.uta-net.com/user/phplib/view_0.php?ID=48200



人ってすごく我侭で傲慢な生き物だと思います。
現状に満足できなくて、いつでも「今よりももっと」を欲しがってる。
結局わたしたちはひとりひとり違う人間で、完全に分かり合うことなんてできない。
それでも分かり合いたいと思う。
そしてそう出来ないことがもどかしくて、イラついて。
頭でわかってても、心が追いつかない。
恋人にしろ、友達にしろ、その人の痛みや苦しさを、
完全に理解することなんて出来ない。出来るはずがない。
それでもやっぱり理解したいし、出来るなら分け合って欲しいと思う。
出来るかもわからないのに。
でもそう努力する事で、少しくらいは近づけるかもしれない。
分け合うことは出来なくても、
その荷物を支える手伝いくらいは出来るかもしれない。
傲慢だけど、そう思いたい。
だから、聞かせて欲しい。
あなたの心を。
PR
この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
COMMENT:
PASS: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Copyright © fog.。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Template by Ninja☆BT
忍者ブログ [PR]