忍者ブログ
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
[06/07 秋月]
[06/05 chie]
[03/20 秋月]
[03/19 七緒]
[03/19 秋月]
プロフィール
HN:
秋月
年齢:
33
HP:
性別:
女性
誕生日:
1984/09/27
職業:
介護士
自己紹介:
日々のらりくらり生きてます。
介護士をさせていただいてますが、
正直"介護士(仮)"くらいかも。

詳しくはこちら参照で。
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
日常の切端やぼやき。独り言。そんな徒然。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


この気持ちは恋ではなく。
恋に限りなく近い色をした、優しい、優しい、思いです。

考えたら2人良く似ていて、同じ立場で、同じ思いを抱えていて、
相手こそ違えども、思慕も何もかも良く似ていた。
だからこそお互いの傷を舐めあうように寄り添って、同じ時をすごして。
1つの体温を分け合っても、そこに恋情はなかった。
ただただ落ち着くばかりで、安心するばかりで。

あの時唇が触れていたとしても。
きっとそこには何も生まれなかった。

自分で自分を抱きしめることはできないから、
自分を抱きしめるかわりに、相手を抱きしめた。
2人よく似ていたから。

互いの大事な気持ちは、互いの相手に捧げた。
相手に晒せない歪んだ気持ちを、泣き言を、愚痴を、痛みを、涙を、わけあって。
2人同じものを抱えていたから。

そこにあるのは恋じゃない。
自分を愛するかわりに、自分を慰めるために、自分を守るために、
君を愛し、君を慰め、君を守り、君に愛され、慰められ、守られている。
歪んだ自己愛を、分かち合っている。
PR


永遠なんてものはないと、そう思っていた。
この日々移ろっていく生活が、当然だと思っていた。

でも。あなたに出会って、世界は変わった。

会えなくても、声を聞けなくても、あなたがいるということだけで、
わたしの日々は明るく、優しくなった。
目に映るものすべてが輝いているようで、美しくて。
こんな風に世界を愛せる日が来るなんて、思わなかった。

作り物めいて見える程、美しい世界。
永久を願うほどにいとおしかった。

 

近づいてくる控えめなバイク音、カツカツという靴の音。

―――――カタン。


郵便受けから、滑りこんだ葉書。
引き出してみれば、鮮やかな紫色の菖蒲と、広がる緑の平原。
美しい写真に目を奪われつつひっくり返せば、
数行の短い文章と、私の住所と名前。
その下に小さく記された、あなたの名前。
右上がり、少し癖のあるあなたの字。
いつからか覚えてしまった、あなたの文字。癖。

きっとあなたは知らないでしょう。
この短い手紙を受け取るとき、私がどんなにドキドキしているかを。
私が普段どんなにこの時を待ち焦がれているかを。
あなたの言葉が、あなたの記した文字が、私を幸せにしてくれるのです。


ちょっと最近文章書いてなくて色々ダメぽいので、リハビリ。
花言葉をテーマにして、短い文章を書いていこうと思います。

・花の名前はタイトルに表示。
・本文で文章。
・追記で花言葉を紹介。

ちなみに紹介している花言葉は、

『花言葉事典』サマ(http://www.hanakotoba.name/)

を参照させていただきました。


好きだった人。
今でも好きな人。
今では嫌いな人。

忘れたい人。
忘れたくない人。
忘れられない人。

好きになるって、どうしてなんだろう。
小さいころの恋は、どこかぎこちなかった。
けれどそれがそのときの精一杯で、身体いっぱいで恋をしていた。
あの頃が一番楽しかったのかも知れない。
恋に恋してたのかもしれないけれど。
笑いあって、泣いて、怒って、一生懸命に好きだった。
叶うことはない恋だったけど、きらきら、輝いてて。
いとしくて、大好きで、きっと死ぬまで忘れないって思ってた。

年を取って、少し大人になって、それでも精一杯恋をした。
痛い目見て、恥をかいて、それでも幸せで。
そうしてある日、失って。
歯車が欠け落ちたみたいに穴が開いて、ぎこちなくて。
それでも歩けると知った。
時間が色んなものを癒して、押し流した。
禍根は残るけど、また動き出した。

初めの恋の後、もうこんな恋なんて二度とないって思ってた。
それでもまたわたしは恋に落ちた。
だからきっとまた恋をする。
人を好きになる。
いつかそんな日がやってくる。いつか。


テレビやラジオやパソコンだけじゃない。
世界中に溢れてる愛の言葉。
使い古されて、擦り切れて、ボロボロで、他愛もなく紡がれる言葉たち。
今わたしが瞬きをした瞬間にも、世界のどこかで囁かれてる。
さして珍しくもない言葉なのに、どうしてなのだろう。
あなたの声音で囁かれたとたん、色と温度を持つのは。

ありふれた愛の言葉も、
聞きなれたはずの自分の名前でさえも。
あなたの声で紡がれると、それはとたんに優しい響きへとかわる。
名前さえも愛しく思えるなんて、本当に末期だ。
あなたがいるだけで、わたしの世界は輝くのだから。

あなたはわたしの世界を司る、優しい優しい存在。
それはまるで。



===================================================

昔書いたのを手直し。
以前のver.は下にあります。
見つけたのでちょっと載せてみる。
写真とかつけれるのかね…??
というわけでテスト。
ちなみに写真はODENのときの。(笑)



Copyright © fog.。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Template by Ninja☆BT
忍者ブログ [PR]