忍者ブログ
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
[06/07 秋月]
[06/05 chie]
[03/20 秋月]
[03/19 七緒]
[03/19 秋月]
プロフィール
HN:
秋月
年齢:
32
HP:
性別:
女性
誕生日:
1984/09/27
職業:
介護士
自己紹介:
日々のらりくらり生きてます。
介護士をさせていただいてますが、
正直"介護士(仮)"くらいかも。

詳しくはこちら参照で。
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
日常の切端やぼやき。独り言。そんな徒然。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ってどうすればいえるんだろう??
PR
最近よく人に言われます。
病んでるね、とも。
病んでるとまでは思わないけど、正直疲れてるなとは思います。
毎日がしんどい。
8月までは思わなかったことを、毎日毎日考えてる。
仕事に行きたくないって思い始めたのは、9月に入ってからだ。
兄さんの不在もない訳じゃないけど、
正直人間関係がきつくて逃げ出したい。



心の底からの元気なんて出ないけど、
表面だけでも笑顔を繕わなくちゃいけない。
嘘笑いだけがうまくなってく。
それでも取り繕えてないみたい。
雰囲気が疲れてるって。荒んでるって。
だってしんどいんだ。
隠さなきゃいけないのはわかるけど、
毎日の仕事をこなすだけで気力が使い果たされる。
出来なくて怒られるのもしんどい、
でも出来なくて人にしてもらうのはもっとしんどい。
申し訳なくてどうしようもなくて自分が役立たずなのを実感する。
せいぜい半年でこれまで頑張ってきた人に敵う訳ないってわかってる。
言われるし、自分でも理解してる。
でもそれをどこかで求められている。
言われないけど、肌で感じる。吐きそうだ。
でも、どうせ役立たずだって、何も出来ないって、思ってるんでしょう?
無言のプレッシャーを感じるくらいなら、それに押されるくらいなら、
いっそ投げ出されたいって思ってしまう。
そうなったらそうなったでしんどいのはわかってるのに。
今までは見放されるのがあんなに怖かったのに、
見放されてしまえば楽になるんじゃないかって今は思ってる。
これは逃げてるのかなあ。



毎日毎日思う。願う。考える。
兄さんに会いたい。すごく会いたい。
あのやる気のないような困ったような顔で、
諭すように話して欲しい。
泣いても見ないふりしてくれるあの人に会いたい。
そんな時間も余裕もないし、そういう関係でもないから言えないけど。
8月に帰りたい。
兄さんは8月いっぱいで辞める事が決定してます。
で、思いあまって(?)メアドを聞くことに成功しました。(笑)
ダメかと思ってたけど教えてくれたー!
嬉しい。
続きはその辺の報告なので、隠しておきます。
気が向いた方だけドゾ。
兄さんが辞めるという話が、微妙に真実味を帯びてきています。
主任たちの会話がちょびっと聞こえてきて、どうも誰かが辞めたいとか何とかで。
それが兄さんぽい雰囲気だったんですよね。
胃の奥のあたりがぎゅうっと締め付けられてるみたい。

「辞めないでください」

って、真面目な顔で言えたらいいのに。
困った顔や、笑い顔でなら言えるのに、
本当に切実な感情は上手く伝えることができない。
どんだけ思ってても、わたしには引き止める力もない。
兄さんにとってのわたしってどんな存在なんだろう。
特別になりたいけど、叶う自信なんてない。

今すぐ会いたいよ。
この恋をするまでは
どうにもならない こんな気持ち
わたしのどこに隠れてたんだろう

会いたい人には会えない

何気ないわたしのひとことに 笑ってくれた時に
もうすきだった だめだった
“ずきん”って音が 聞こえた気がした



今日のタイトルと引用はDREAMS COME TRUEの「もしも雪なら」から。
季節外れもいいとこですが。(笑)
サビの、

大人の方が 恋はせつない
はじめからかなわないことの方が多い
誰にも言えない 友達にだってこの想いは言えない

ってところが切ないなあ、と。
子どもの頃の恋が切なくなかったわけじゃないけど、
大人になるにつれて柵だったり、いろんなものが邪魔をするようになる。
好きだから「好き」って言えなくなる。
わたしだって言いたいけど、職場で毎日顔を合わせる事を考えると、言えない。
あげくに兄さんは仕事辞めるとか言うしさああああ!!!
ああもうどうしろって言うんだ。

「俺仕事辞めるもん」
「えええええーーー!?」
「はっはっはっはー( 立ち去る )」

とか本当にやめてほしいです。
テラスに立ちつくしたわたしは・・・どうしたら・・・。
本当にあった怖い話ですよ。本当に。



今日は一番苦手な同期の人と一緒だったんですが、
日勤さんがいてくださったおかげでだいぶスムーズに仕事が出来ました。
早出に兄さんもいたしね。
ていうか何だかんだで兄さんとたくさん話す機会がありました。
やっぱりわたし兄さんの相槌の声が好きだ。
細くて節々してる指も、筋張ってる腕も、
ちょっと困ったようにみえる笑い顔も、くっだらないこと話してるときの顔も、
わざとらしくだるそうなときも、真剣に相談に乗ってくれてるときも、
なんかもう、上手く言えないけど、好きだなあって思います。
盲目なのかもしれないけど、素直に相談とかできるのって、初めてだし。
年上だし先輩だっていうのもあるかもしれないけど。
甘える、じゃないけど、弱いとこみせるのって嫌で仕方なかったけど、
兄さん相手だとなんとなく言えるっていうか・・・うん。なんだろうなあ。
やっぱり特別なのかなあ。
兄さんからしてみたら単に手のかかる新人なのかもしれないけど。

極力避けてた血圧測定( 水銀使用 )をさせたり、
( 結局脈を見つけれなくて兄さんがやってくれた・・・ )
なんだかんだでいろいろ面倒みてもらってるなあって思います。
面倒見てくれる人には懐いちゃうよ・・・。

とにかく 君に聞いて欲しいんだ

大好きだ 大好きなんだ
それ以上の言葉を もっと上手に届けたいけど
どうしようもなく 溢れ出す思いを伝えると
やっぱ大好きしか出てこない

ただそれだけで でもそれがすべて



今日のタイトルと引用はFUNKY MONKEY BABYSの「告白」から。
流行りの曲・・・というか、最新ぽい曲の引用は珍しいです、かね。(笑)
でもこう、歌詞を聞いて、きゅーん!ときちゃったわけで。
ストレートだからかなあ?
FUNKY MONKEY BABYSはあんまり聞かないんですけど、
今度CD借りて聞いてみようかなあ、と思います。
GreeeeNも最近気になってるし。
そろそろTSUTAYA行くかなあ・・・でも返しに行くのがなあ・・・。



日記書くの、久しぶりですねえ!
10日くらいあいてるし。
何かあったわけではない・・・と言いたいけど、mixiに書いてる通り、
ちょっと仕事で煮詰まってました。
・・・過去形というか、まだ若干現在進行形なんですが。
自分の仕事の出来なさとか、いろいろぐっちゃぐちゃで。
まあ、不甲斐ない自分に自己嫌悪というか。
いろんな人に相談したり愚痴ったり1人凹んだりしまくってました。
兄さんとか、姉さんとか、別ユニの年下の女の子たちとか。
兄さんは結構ずばって言ってくれるから嬉しいし助かる反面、
覚悟と心構えが必要で・・・しばらく兄さんの指摘が怖かったりしました。(笑)
初期の頃のようにビクブルしてたような。
兄さんの顔がまともに見れなかったりとか。( 重症 )
ここ数日はようやく落ち着いて来たかな?という感じです。
先輩と一緒のシフトだったんですが、先輩が他の仕事してる間、
兄さんの仕事を手伝ってみたりして、その時にいろいろ世間話?とかして。
やっとまっすぐ見て笑えるようになったような気がします。
わたしは兄さんが大好きで、兄さんは仕事( ダメなとこあるけど )出来る人だから、
いつか見放されるんじゃないか、失望されるんじゃないかってすごく怖かった。
これは兄さんに限らず、先輩だったり、姉さんだったり、仲いいこだったり。
そういうわたしが好きな人たちから見放されるのが、怖くて怖くて仕方なくて。
考えすぎなのかもしれないけど、想像するととんでもなくリアルで恐怖でした。
落ち着いてきたのって、怖い人が辞められたことと、
いろんな人に慰められたり励まされたりしたからかなあ。
怖い人の言ってる事は間違ってないんだけど、萎縮してしまうから。
それに、わたしが泣き言いっても「大丈夫」って、「誰でも通る道だねえ」って、
笑って慰めてくれた人たちの存在ってすごくすごく大きいなあって思いました。
先輩も、
「『もうダメ、わたし、旅に出ます』っていうときは、その一歩前じゃなくて、
 三歩くらい前に言ってね。そうしたらわたしも一緒に準備して旅に出るからね?(笑)」
って、言ってくれて。(笑)
疲れてるのに、夜遅くまでわたしの愚痴と泣き言に付き合ってくれた七緒も。
仕事の後、残って相談に乗ってくれた女の子も。
やっぱりすごくわたしは周りの人に恵まれてるなあ。

上手くやれてる自信はないけど、辞めたいとは思わない。
やっぱりこの仕事が好きなのかな。
兄さんに、「この仕事、向いてると思う」って。
「みんな期待してるから、だからがんばって」って言ってもらえたことがすごく嬉しいから。
「ビシビシ行くよ、教育だから(笑)」って言われたりしたけど。(笑)
プレッシャーを感じなかった訳じゃない、けど、それでもがんばりたいって思った。
だから、がんばろう。
がんばったら、きっともっと自分のこと好きになれる気がする。
認めてあげられる気がする。
きっともっと自信持って、兄さんや姉さんや先輩の前に立てる。
がんばれ。がんばれ。自分。

兄さんに、仕事中、おしぼり( 乾燥させたばかりの )を頭に乗せられました。
おしぼりだけじゃなくて、ちょっと手の重みがあって、
変態くさいかもしれないけどめちゃくちゃドキドキしました・・・。
そういう風に構ってもらえて、すごくすごく嬉しかったのに、
口から出てきたのは

「もー!やめてくださいよ!(笑)」

・・・。
頭はやめてください!とか。もう。もう・・・っ!!!
どういう反応したらいいのかわかんなかったんだよ!!
なでられるだけなら気を抜いてられるのに、おしぼりだから・・・。
兄さんは

「ちょうどよか位置に置く場所があったからね(笑)」

ってわらってたけど。
あー。あー。ああああああ。
もう。
思ってたら兄さんがまだ残っててびっくりしました。
…ん?けど内履きなかった気がするんですが。
…………まぁいいか。
職員玄関の鍵締めを頼まれたんですが、わたしアレ届かないんですよね。
で、兄さんが、

「ん?けど秋月さん(仮)あれ届いたっけ??」

と。主任が

「届くよねぇ!あんまバカにすんなて言わんねー(笑)」

とフォローしてくれたんですが、前述の通りな訳で。
兄さんが、

「や、確か届かんやったよね」

と。覚えてくれたのは嬉しいけど…複雑やわ。(笑)
そのあと主任が「俺の背中にのってよかよ!」とかフォローしてくれました。(笑)
ありがとう主任。
さすがモテる男は違うね!(笑)
まぁ兄さんもモテるらしいですが。(笑)

あー。夜勤だるだる。
施設の用事ですが兄さんに電話しました。
ま、業務用のピッチからですが。

しかし耳元で声やばい。
終わった後耳が熱かったです。(笑)
兄さんがまたいい声してるんだ…。(笑)

「ん、お疲れー」

の、"ん"が好き。
あーもうやばいやばい。
照れるわあれ…。
明日はきっと信じて言えるだろう

息を飲む想いは絶えず絶えず絶えず
とどまる事のない気持ちに心が溢れる
不器用なりにわざと指に触れた時
小さなあたしの体は熱くなる

胸をつく想いは絶えず絶えず絶えず
あたしはこれからもきっとあなたに焦がれる
それはささいな出来事指が触れた時深く想う強く想うあなたの事が好き
あたしは今日も気付かれない様にあなたの歩幅についてゆく
これ以上もう二人に距離が出来ないように・・・



今日のタイトルと引用はaikoの「初恋」から。
いいですよね、片思いっぽくて、きゅうっとクる感じで。すごく好きです。
近づきたくって一生懸命やってるんだけど、
本当些細な事でドキドキして、身動き取れなくなっちゃうような。
初恋に限らず、人を好きになったら、きっとこんな風になっちゃうんだろうなあ。



昨日今日と兄さんとシフト重なってました。
一緒のじゃなくても、一緒に仕事できるだけで嬉しい。
自分だいぶ終わってるっていうか、はまってるなあって思うけど。(笑)
それでも好きだって思っちゃってるんだよねえ。
どっぷり。でもそれが気持ちいい。幸せって感じる。
後ろ向きにもなるけど、前向きにもなれる。
前に進むエネルギーになってる。
つくづく恋愛脳だなあ、わたし。(笑)

昨日はお風呂介助だったんですが、
兄さんが着脱サポートに入ってくれたのです。
わたしと姉さん( 姉さんと一緒だったのです )は浴室内の介助。
で、浴室内って結構暑いんですよ。
お湯使いっぱなしだし、窓はあんまり大っぴらには開けれないし。
クーラー付けてても追いつかないんですよね。
「あっつぅー・・・」とか言いながら汗だっくだくでやってたんです。
けどどしようもないし、利用者さんに話しかけつつぼやっとしてたら、
横から兄さんにシャワーかけられそうになりました・・・。
イイ笑顔でシャワー構えられてた。
「暑かろ?」と。
いくら暑くても着衣でシャワーは嫌だよ!(笑)
しかも1回じゃないんだ・・・何考えてんだ兄さん!

今日は今日で職場に来た瞬間兄さんと会ったんですが、
うつろな目( もちろんわざと )しつつジワジワと寄ってこられました。
地味に気持ち悪!怖!(笑)
あとは「お疲れさまですー」って声かけたら、「俺疲れとらんもん」って言われたり。
反応に困るじゃないですか、これ。
で、横にいた利用者さんに、

「ちょ、聞いたですかー?!酷くなかですか、あれ(笑)」

って言ってたら( 利用者さんは笑ってた )、カーテンからちょこっと顔だして

「うそうそ、ごめんね?(笑)」

って言われました。
それが妙に可愛いくて・・・卑怯だってば!!
もう三十路近いくせに!おまえこのやろううう!!(笑)

あとは倉庫のドアを開けたら兄さんと別のお兄さんがいたんです。
2人とも帰ったと思ってたわたしはめちゃくちゃびっくりして、

「おっわ、びっくりしたあ!すいませんでしたー!」

って言ったら、兄さんがちょっと顔をしかめるようにして、

「ちょっとーもー、せっかくイチャイチャしよったのに」

と言われて。思い切り吹いた。(笑)

「乳繰り合いよったとにー邪魔せんでよー(笑)」

と言われたので、体温計取って( 用事 )、

「あ、失礼しました!存分にどうぞ!(笑)」

と閉めようとしたら、兄さんに「混じる?一緒にどう?(笑)」と・・・。
即刻、遠慮しておきます!、と謹んで辞退させていただきました。(笑)
笑い死にさせるつもりかこのやろう。



明日は兄さんとはかぶってないし、試練な感じのメンツですが。
がんばって働きます!
Copyright © fog.。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Template by Ninja☆BT
忍者ブログ [PR]